地球元気村

トップページ地球元気村とは活動内容元気村特別講師陣元気村ブログフォトアルバムショッピングリンクお問い合わせ

元気村ブログ

トップページ > 元気村ブログ

風間村長が、「ファウストA.G.アワード2012」『社会貢献活動賞』を受賞しました。

 

 

このたび、風間村長が「ファウストA.G.アワード」の『社会貢献活動賞』を受賞しました。

 

風間村長が2007年より行ってまいりました「運動器の10年」キャンペーンおよび今春の「障害者日本縦断駅伝」の実施が評価され、今回の受賞となりました。

これもひとえに、ご支援・ご協力いただきました協賛各社・参加者・関係者・スタッフの皆さまのお陰です。改めて心より御礼を申し上げます。

 

昨日、「シアターサイバード」(株式会社サイバードホールディングス、代官山)にて授賞式が行われましたので、ご報告いたします。

受賞後のスピーチ

 

トロフィーと記念品をいただきました。

 

会場内に展示された障害者駅伝のタスキ、ユニフォーム、横断幕。

 

左から プレゼンターの片山右京さん

 

続いて、受賞者 左から 
「ファウスト冒険家賞」平出和也さん、谷口けいさん〔ナムナニ峰を前人未到の氷河・氷雪壁から南峰へ初登頂し、本峰へ縦走〕
 
「ファウスト挑戦者賞」ローラ・デッカーさん〔ヨットでの単独世界一周を史上最年少16歳4カ月で達成〕ニュージーランドから初来日。
 
「ファウスト社会貢献活動賞」風間深志〔身体障害者支援と外傷医療推進のため「障害者日本縦断駅伝」を主導〕
 
「ファウスト特別賞」田部井淳子さん〔女性初のエベレスト登頂という偉業を達成した登山界の牽引者〕
 
「Just Giving特別賞」日本プロサッカー協会から都倉 賢さん(ヴィッセル神戸)〔震災復興支援JPFAクリスマス・チャリティーサッカー2011-2012への募金活動〕
 
*「ファウスト大賞」は、フェリックス・バウムガードナーさん〔人類初、成層圏からの超音速フリーフォール「レッドブル・ストラトス」を成功〕でした。ビデオ出演。
 
「ファウストA.G.」とは・・・
”冒険・挑戦・貢献”を活動のテーマに掲げる新世代のジェントルメンズクラブ『Faust Adventure's Guild』は、地球を相手に人生を賭けて挑み、生きる、世界中の冒険家や挑戦者たちに心からのエールを贈る賞で、運営は株式会社サイバードホールディングスです。
 
2012年12月06日

日本経済新聞電子版「ファウスト魂」に風間村長のインタビューが掲載されています。

 

 

日本経済新聞電子版「ファウスト魂」に風間村長のインタビューが掲載されています。

『冒険は社会貢献を担う時代へ』

http://ps.nikkei.co.jp/faust/interview/vol007.html

 

是非、ご覧ください!

2012年11月30日

「地球元気村in三陸海岸」無事に終了!

11/24~25にて開催しました「地球元気村in三陸海岸」、無事に終了しました。

ご参加いただきました皆さま、ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました!


「椿島」コースは、津の宮漁港から椿島に船で渡り、椿島神社を詣で、皆で掃除をして、戸倉小学校の子ども達が校歌を斉唱、奉納してくれました。

椿島の生態系を学んだ後は、浜に戻り、ホタテのBBQ&おにぎりの昼食。

そして午後は、再び船に乗り、子ども達が底引き網漁を体験。
浜っ子達もなかなか体験出来る機会はないとのこと。
両手で抱えきれないくらいの鮭が20匹もあがり、大変貴重な体験をさせてもらいました。

また、ケーキトッピングコンテストも急遽開催!
チーム戦での熱い戦いが繰り広げられました‼

「釣り」コースも、船酔いに苦しみながらも大漁だったようで、皆「楽しかった〜」との感想をいただきました。

海のそばで海と大きく関わりながら暮らしている戸倉の子ども達でも、なかなか海での自然体験は機会がないようで、今回の元気村は自分たちが暮らす地域の自然を、改めて知るよいきっかけになれたようです。

皆が口ぐちに「楽しかった!」と言ってくれたことは、私達にも大変励みになります。

また、首都圏から参加してくれた子ども達と南三陸、仙台の子ども達も、直ぐに仲良くなれ、自然の力はすごい、とこれも改めて感じました。

今回のプログラム実施にあたり、宮城県漁協志津川支所戸倉出張所の皆さん、石巻市十三浜漁協の皆さんに多大なるご協力をいただきました。ありがとうございました。
また、ラムズの渡辺さん、二渡神社禰宜の佐藤さんにもお世話になりました。御礼を申し上げます。

 

 
参加者全員集合!
 
 
 
「椿島コース」には、地元戸倉小学校の子ども達が10名、保護者3名、また首都圏からも親子や元気村の常連さん達が参加。総勢約30名で椿島へ向かいます。
 
 
 
 

 「釣りコース」は、9名が参加。(全員が写っていなくてごめんなさい)

「獲ったどぉ~~!」

 

嬉しそう~~

 

「椿島」へ向かう船上にて。「椿島」とは、志津川湾に浮かぶ小島で、全島タブノキの原生林に覆われ、ヤブツバキも多く、その他の植物も豊かで国の天然記念物に指定されています。

 

子ども達が椿島神社の掃除をしました。

 

地元の佐藤さんから、椿島の生態系などの話を聞きます。

この後、「戸倉小学校」の校歌を神社に奉納。素晴らしい歌声でした。

 

午後は、再び船に乗り「定置網漁体験」に高学年の男子が挑戦!網にかかった魚が次々に引き上げられました。

 

そして、元気村の長谷川インストラクターが用意してくれたケーキ台へのトッピング選手権!

男子・女子各2チームがそれぞれ個性的なケーキ作りに挑戦。

これはほとんど「泥遊び?」

出来あがったケーキは、みんなで美味しく全部いただきました!

 

16時~「自然の家」で閉村式。

寒かったけど、海でいろいろな体験が出来たこと。日頃はなかなか外で遊ぶことがないという子ども達も

今回の体験は「楽しかった」と大好評!!

 

そして、2日目。

宿泊組の13名で、自然の家の裏山「野鳥の森」登山へ。(10月の「がれきの学校」でも登ったところです)

山頂から志津川方面を望む。

 

閉村式では、「壇上スピーチ体験」を一人ずつ。

楽しかった2日間の締めくくりをしました。

 

 

 

 

 

2012年11月26日

「日刊スゴい人」に風間村長インタビュー掲載中です。

「日刊スゴい人」に風間村長のインタビューが掲載されています。

皆さま、お時間がありましたら是非ご覧ください。

 

「日刊スゴい人」

http://sugoihito.or.jp/

2012年11月09日

シンポジウム「いざなぎ流研究の現在と物部フィールドワークの12年」

 

地球元気村も長年お世話になった高知県物部に伝わる民間信仰”いざなぎ流”の多彩なイベントが

開催されます。ご都合がつきましたら、是非ご参加ください。

 

日程:2012年11月24日(土)10:00~18:00

会場:和光大学E棟101教室 など

 

 

詳しくは、和光大学HPをご覧ください。

http://www.wako.ac.jp/souken/meetings/2012-0929-1603-62.html

2012年11月01日